<12> 令和27月〜12

立川市 店舗改装 その5 (R02.7.7)

ブログ 鏡2.png

鏡の設置が完成しました!!

少し前にアップ致しました家具を再生した店舗改装工事。
今回はその中で現場に取り付けるガラス工事です。
多目的スペースとして使われるため、壁に大きな鏡を設置します。
本来なら1枚としたいところですが、階上のため、
搬入経路を考慮し、2枚を貼り合わせる工事としました。

ブログ 鏡1.JPG


こちらは設置前の作業風景です。
住宅などの姿見サイズならまったく問題はないのですが、大きなサイズで張り合わせとなります。
数ミリでも曲がって付けててしまうと歪みが出てしまいますので慎重に。。。。
声を掛け合って慎重に取り付けます。
問題は、貼り合わせ箇所に数ミリでも段差が出ないようにすることです。
ですので、このくらいのサイズになりますとガラス職人さんも大勢になります。

オフィスリノベーション その1(R02.07.16)

写真A.jpg

今回は、オフィスリノベーションの現場をアップします。
こちらは、築40年近い鉄骨造の建物で住宅として使われていました。
そちらを今度は事務所としてご使用になる現場です。

写真B.jpg

まずはすべてを壊します。
鉄骨造ですので、柱と梁などは構造上取れませんが、
それ以外は撤去できますので、すべて壊します!

写真C.jpg

このようにスケルトン状態まで解体します。

写真D.JPG

新築時の墨が出てきました。 こちらは、建築図面を見た事がある方ならわかると思いますが、 ”通り芯”と言って建物を決める重要な印です。 昔の人の知恵で、墨を使うと濡れない限りこのように消えずに残っています。

写真E.JPG

ただ、通り芯には壁ができていたり、柱があり、見えなくなってしまいます。
このように”逃げと言って、基準芯から1m離し、その芯を移しています。
改装プランでも、この墨を基準に間取りの位置を出します。
住宅リフォームとは違い、通信配線や防犯・報知器なども
この墨をもとに新たに配線を行います。

当社では住宅リフォーム以外にも、店舗や事務所工事も設計から一貫して請負っております。お気軽にお問い合わせください!

立川市 店舗改装 その6 (R02.7.21)

施工後 PP2F1.jpg

昨年から立川市の店舗改装について、ブログに掲載させていただいていましたが、
いよいよ今回が最終回!!完成写真をアップさせていただきます。
こちらは、多目的スペースとして活用されるご予定です。

メリハリを付けるためラインドレープは、対極な濃い色で締めました。
天井の木目が目に優しくとても居心地の良い空間となりました。

施工後 PP2F2.jpg

様々なシーンに対応できるよう間仕切りを設置
優しいい雰囲気の間仕切りです。

奥の扉は入り口の防火ドア。右がトイレになります。
スペースにマッチして優しい色の塗装の扉に生まれ変わりました。 

↑ちなみにトイレ近辺 施工前の写真です。無機質な防火ドアでした。
配管の関係でトイレを設置する場所は決められていましたが、
間仕切りを立て、多目的スペースからの使い勝手もスムーズになっています。

当社では住宅リフォーム以外にも、店舗や事務所工事も設計から一貫して請負っております。
お気軽にお問い合わせください!

立川市 店舗改装 その後の様子 (R02.7.28)

こんにちは。
先日の店舗改装の現場。最終回と言いながら、追加でアップさせていただきます。
すでに、こちらのスペースは稼働しています。このコロナ禍にて、新しい生活様式を取り入れるべく、
写真のように追加で設置させていただきました。

PKP写真1.JPG

<スクリーン>
講師が皆さんの前でお話をされる場面では、状況に応じて透明なスクリーンを
するするっと下ろします。もちろん、不要な場面では上部にしまえスッキリと。

PKP写真1.JPG

<送風機>
室内の換気対策として強制循環させます。下地をしっかりさせて、取付けます。
あらゆる場面でも感染拡大防止対策を行えるように、お施主様の熱い想いが感じられます。

スクリーンは、ちょうどメーカーさんが新商品を弊社にお知らせがあったその時!!!。
グットタイミングでお施主様にご紹介でき、設置が実現しました!!  スペースに来られる方も、安心ですね。

オフィスリノベーション その2(R02.08.19)

残暑お見舞い申し上げます。
弊社は今週より通常通りの業務になっております。
先週までは夏季休業とさせていただいておりました。
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
変わらず、コロナ対策にも、熱中症対策にも努めつつ対応させていただきますのでよろしくお願いします。

先日アップ致しましたオフィス工事も着々と進んでおり休業前、無事に完了致しました。
そんな工事風景もアップ致します。

ブログ横西1.JPG

①先日スケルトンにした状態から墨出しという壁の位置を決め、
壁の骨組みを建て終えたところで給排水工事を行います。床からニョキと出ているのが排水管になります。
この排水の位置がスタートとなりますので、この位置により衛生機器などを希望位置に取り付けの可否が決まります。※この位置により排水管の勾配が決まります。 

ブログ横西2.JPG

②排水の次は給水設備です。
写真に写っている管が集まっている筒のようなものをヘッダーと言いまして、
ここから給水が必要な場所へ配管致します。
この工法ですと、1本で目的の位置まで配管しておりますので、もし管の破損等が出た場合は、この管を入れ替える事が出来て容易に取替ができます。

※よくあるのが、1本から枝分かれしてほかの場所に配管してありますが、その場合、何か不具合が起きたときは、原因を調べるのも困難。取替の場合は、いろいろな場所の床などを壊す事になり、大変な事態になります。

ブログ横西2.JPG

③さて、こちらは会議室。声がほかの部屋に聞こえるのは好ましくないので
ロックウール材を骨組みの間にはめ込みます。
完全遮音にしてしまうと、コストがとんでもない金額になってしまいます。

ブログ横西2.JPG

④天井については、断熱材を全体に敷きこみます。
すぐ上が鋼板の屋根です。断熱性能がまったくありませんので
こちらを入れる入れないで断熱性能が全く違います。
その他、電気配線や通信配線及び必要な工事が終われば石膏ボードを貼って仕上げに入ります。

ブログ横西2.JPG

⑤天井の仕上げ材を張ります。

ブログ横西2.JPG

⑥壁は、クロスを貼るのですが、その前に下地を平らにするパテという埋める材料で
平らに致します。今回は会議室をナチュラルなイメージでやわらかいう印象を演出いたしました!


大体の会議室は、白系統で緊張感があるイメージのため少しでも緊張がほぐれればと思い
天井や写真にはありませんが、木製のブラインドしています。
(また始まった銀行のドラマみたいな会議室では、緊張して意見が出ないですよね。。)

また、しばらくしたら実例に完成写真をアップ致しますので是非ご覧ください。

電動シャッター(R02.08.25)

<施工前>

シャッター新井邸2.JPG

<施工後>

シャッター新井邸2.JPG

こんにちは。先日、文化シャッターの商品を取り付けました。

最近は、いろいろなメーカーが後付けタイプを出しており、
各メーカーのものを状況に応じて取り付けておりますが、私は、中でも文化シャッターの
商品のメカ部分が良く出来ていると思われますので、お勧め致します!

シャッター新井邸3-1.jpg
シャッター新井邸4.jpg

ひと昔前なら電動タイプというと電力も使うので、
電気工事も大変でしたが、今の商品は写真のように
取付壁の室内にコンセントがあれば、そこから分岐して
電動電源に利用できます。


取付時間は概ね半日で完了致します。
台風等、昨今の暴雨、強風等の対策としても、検討されてはいかがでしょうか

新商品のご案内〜パナソニック編(R02.9.8)

Pana コモル.gif

こんにちは

今回は新商品のご案内です。
パナソニックより 「KOMORU」(コモル)
(イントネーションは未確認です、、、、、)
ネーミングがとってもパナソニックらしいですね。(とっても良いと思います!!)

秘密基地のような自分の集中空間。簡単組み立てデスクです。

このご時世、在宅ワークの業務がシフトチェンジされる割合も増え、
自粛期間中だけでなく、今後の働き方にも大きく変わってきつつあります。

リビングに、寝室に、お家の中に半個室の集中空間はいかがでしょうか?
囲いがあるだけで、集中力が全く違うと思われます。

また、囲いである有孔ボードはフックをかけられるので、
ご自分でカスタマイズして、しっくりくるディスプレイ空間を作られてはいかがでしょうか。


お仕事に限らず、お子様のちょっとしたお勉強スペース、趣味のスペースと
ちょっと広げっぱなしにしておきたい!! そんな基地空間。ご検討ください。詳しくはコチラへ

事務所 トイレリフォーム(R02.09.18)

先日、ある会社さんの事務所のトイレが漏水しているとの事で
配管工事とあわせ、内装もリニューアルしてきました。

八 トイレ1.jpg

さてさて、まずは漏水箇所の特定からですが、思いのほかすぐに特定できました。
やけに床がフワフワしているなぁ〜と思い、床仕上げのシートを剥がしてみると
なんと床に薄い合板が敷いてありました!

仕上げ材の下地が水平をとれていないと、やはり隙間が原因で
時間の経過とともに下地を留めているビスが緩くなります。

そのため下地が浮いて仕上げのシートにビスの頭が突き刺さる→穴が開く→
水分が染み込む→木材なので吸って膨らむ→フワフワ状態に。

あっという間に全体にしみこんでボロボロになってしまいます。
実は当時の施工業者さんは、お得意様関係の業者さんだったそうです。。。残念。

八 トイレ2.jpg

そんなわけで、まずは下地の合板をすべて撤去して新たに下地をつくるため、
その下のコンクリートもきれいに平らにします。

八 トイレ3.jpg


表面はきれいになりましたが、凸凹がありますので新たにモルタルで

真っ平にして下地を整えます。

あとは、仕上げのシートを貼ります。

八 トイレ4.jpg

事務所で使用時は土足。今後の事を考え、汚れが目立たない色見を選定致しました。

また、壁も全面にパネルを貼り、汚れがついても清掃しやすい仕上げにしました!

住宅でも何件ありましたが、お知り合いに頼んだ場合などではこちらからすると
「・・・?」という状態が多々ありましたので
出来たら第3者的な業者で、工事をする事をお勧め致します。

オフィスリノベーション その3(R02.09.25)

こんにちは。オフィスリノベーション 今回が最終となりました。
カメラマンに完成写真を撮影してもらいましたので、
ひとまずこちらにアップさせていただきます。(画像をクリックすると拡大されます)

<入り口>
事務所ですので、いたってシンプル。ガラス両開きにしましたので、広々。
太陽光を取り入れられて明るくなりました。

<会議室> 前回まで、アップしていたスペースの完成写真です。 状況に応じて照明も移動が可能です。明るく開放的な空間になりました。

工事後 会議室2.jpg

天井材、ブラインドが木目調なので穏やかな雰囲気です。

~ただいま施工事例を掲載準備中ですので、その際はお知らせさせていただきます~

水漏れ(漏水)(R02.11.12)

20201112-1.jpg

めっきり寒くなってきましたね!
朝起きるのが辛くなってきる季節です。

さて本日は、何度も工事を頂いておりますお客様から
「地面に水が溜まるのですが・・」と連絡が入りました。

たくさんあるリフォーム会社の中で、
弊社を信頼して頂き、ありがたいことに何度もご用命を下さっています。
急いで駆け付けて対応致しました。

202011-12-4.png

職人と現場に向かうと、確かに地面の一部に水が溜まっていました。

漏水を疑い、まずはメーターを確認致しましたが、
まったく回っておらず。
「これは掘りながら探す事になるかな?」
と覚悟致しましたが、すぐに出てきました!

給水管のエルボという曲がりの部材のピンホールという穴から噴き出ておりました。

20201112-3.jpg


すぐに発見出来ましたが、場所が悪く、回りに桝やガス管・給湯管など
配管だらけでしたので、それらを避けながら新たな配管ルートを作り、
修理が完了致しました。



今年は、自粛期間などの影響なのか、ここにきて、お問合せ等が多くなってきております。
各分野の職人も立て込んできており、思うような工程が組めなくなってきておりますので、
リフォームをご検討の方は、お早めにご相談された方がよろしいかと思います。

ぜひ、ご覧ください(R02.11.20)

こんにちは。
新型コロナウィルス関連情報も大変気になるところですが、
今回は気持ちを切り替えた情報のお知らせです。

親会社である㈱小泉がスポンサーをしています大会。
フィギュアスケート・GPシリーズ、「2020ロステレコム杯(ロシア杯)」
及び「2020NHK杯」が下記日程で開催・放映予定です。

ロシア杯 11/20〜22(モスクワ) テレビ朝日で放送予定
NHK杯 11/27〜29(大  阪) NHKで放送予定

リンクフェンスやインタビュースペース等にロゴ・社名が映る予定です。
美しい演技はもちろん、ちょっと意識してロゴも見つけてください。
観ている時間は、気持ちも穏やかに過ごしたいものですね。


排水管詰まり 高圧洗浄(R02.12.01)

20201201-1.jpg

めっきり朝晩が寒くなってきましたね。
さて、この時期になると意外と多いのが
排水管の詰まりに関するお問合せです。

先週もお問合せを戴き対応工事してまいりました。
まずは、原因を突き詰めるために内視鏡で配管内部を確認致します。

写真はアップ致しませんが、どこで詰まっているか確認できました。
高圧ホースにて配管内を洗浄致しました。
主な原因は、こちらは倉庫を兼ねた会社さんでしたが、とにかく埋設してある配管の経路が曲がりくねっているうえに距離が長く、なおかつ、取りつけてある便器が節水タイプだったので、下手の方にいくほどチョロチョロな流れとなっておりました。

20201201-2.jpg

これでは、当然流れて行く物も流れず。。。。という結果になりますよね。

今回もそうでしたが、尿石が排水管内に溜まりそれがカチカチに固まってしまい、流れが悪くなるという現象が一番大変です。こればかりは、排水管を取り替えるという事はできませんので、定期的な清掃をお勧め致しました。

     
今回のような現象は、戸建て住宅でも起こりえる現象です。そのような現象が起きた場合は、節水タイプの場合、水量を多くする切り替えがあるので、そちらで水量を増やす事になります。
これはアドバイスになるかどうかですが、外国製のトイレットペーパーも溶けにくいので、お気をつけください。

「うちもそういえば・・」と思われたらこのような事も対応しておりますので、お気軽に問合せください。

季節のコーナー(R02.12.5)

2020.12.4-1.JPG

こんにちは。
2020年も残すところ1か月となりました。

街はクリスマスモードですね。こちらのお店もそれなりに。。。季節を飾ってみました。
こんなご時世、通りすがりに少しでも和んでいただけると幸いです。

これからますます寒さが厳しくなりますね。
新型コロナ感染防止対策に留意して過ごしたいものです。

畳表替(R02.12.12)

畳表替え.jpg

いよいよ年末が押し寄せてきまして慌ただしい気持ちになりますね。

年末に近づきますと、ご依頼が写真のような和室の畳工事が多くなります。

今回は、表替工事ですが、今まで、表も良いものを使っておられましたので
張替の際は、目積表(メセキオモテ)にて仕上げました。

一般品に比べ、井草の目が細かく仕上りますので、通常よりも技術が必要になります。

最近は、畳の中が断熱材を敷き込んでいる『スタイロ畳』という畳が多い中、
こちらの畳はワラ床の本畳でしたので、1枚自体の重量が重く、運び出しが大変でした。

また、表替えの際に縁もお選びいただきますが、
私は、明るめの色の縁をお勧め致します。この方が、ビシッ!と畳のラインが際立ちます。

それしても新しい畳は色といい、香りといい、とても気持ち良いものですね。

ご参考に(R02.12.23)

グリーン住宅ポイント制度が閣議決定されました!

  12月15日(火)、新型コロナウィルス感染症の影響により、落ち込んだ経済の回復を図るため
一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、
商品や追加工事と交換できるポイントを付与する制度が閣議決定されました!

▼国土交通省「グリーン住宅ポイント制度」の詳しい内容はこちら▼
https://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000974.html

予算の限度がありますので、ぜひご確認のうえ、ご予定、ご検討ください。
弊社でこれらに関わる工事をさせていただいた場合は書類の手続き等
お手伝いさせていただきます。

欲しいところに手が届く(R02.10.22)

LIXIL コンセント.jpg

こんにちは。今までに経験のないコロナ禍。家庭での過ごし方も変化しつつあります。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

在宅勤務のため、お家での食事。趣味のお料理で新メニューのお料理に挑戦!!
お子様と一緒にお菓子作り、、、、とキッチンに立つ時間が増えた方も多いのではないでしょうか。


今日はキッチン周りの便利な機能のご紹介です。
キッチンの限られた調理スペースで、調理家電をちょっと使いたい時、
コンセントが近くにあれば、動作の無駄がなくなり、
調理がスムーズになりますね。
まさに、欲しいところに手が届く、そんな商品のご紹介でした。
<LIXIL通信>より

 

相談会(R02.10.27)

先日、とある団体のリフォーム部門で相談会に参加してきました。
この時期に開催するにあたり参加企業で会議を重ねて、
コロナ対策については、写真のように万全を期して開催致しました。

左の写真は体温測定。右の相談コーナーは飛沫拡散防止シートを下げています。

20201026③.jpg

会場の進行席も透明なアクリル板が設置してあります。
今後はこのような仕様が標準となるのでしょうかね?

今が旬(R02.10.30)

IMG_0095.JPG

皆様、いかがおすごしですか。
最近は朝、夕と日中の温度差があり、
体調管理も意識して過ごしたいものですね。
店内もすっかり”かぼちゃモード”になっております。

カボチャには栄養素がたっぷり入っているそうですね。
今年の冬至は12月21日(月)だそうです。しっかり食べて、免疫力をつけたいものですね!

店舗一覧

TEL.03-3391-3881 〒167-0032 東京都杉並区天沼3-8-1

TEL.042-526-2531 〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-13-7

TEL.048-470-0400 〒352-0001 埼玉県新座市東北2-19-16 サンルーフ新座

対応エリア

東京都全域(23区・武蔵野・多摩)、埼玉県南部を中心に、皆様のリフォームのお手伝いをしています。

リフォームプラザ小泉対応エリア